読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nokの雑記

技術的な内容にしようと思ったけど無理でした。

自転車のBBを交換していた

異音がしたので……

 2012年に購入したGIANT Great Journey 2(グレートな旅には出ていない模様)ですが,最近ペダルを漕ぐときにコキッと異音がするので部品交換しようと思いました.ということで原因を探ったところ異音は後輪ではなくクランクの方から鳴っているようです.そこでBBを交換することにしました.

 BB交換に必要だったのは以下のものです.車種によっては部品が違ったりするかもしれないので注意.

  • 8mmアーレンキー
  • クランク抜き工具
  • カートリッジBB工具
  • BB本体

上の3つはクランクを落としたりBBを付け外ししたりするのに必要です.BB本体は交換するBB本体です.標準の品と違うものを使う場合はシェル幅と軸長に注意します.

 いよいよ交換するわけですが,写真がぜんぜんありません.

 今回交換するBBはこちら.SHIMANOのBB-UN55(68mm/122.5mm)です.純正はBB-UN26(68mm/123mm)なのでひとつグレードアップ.箱を開けてみたら写真の状態で出てきたので不良品か?と思いました.斜めになっている部分を外そうと素手で力を加えていたら手が切れました.

 クランクを外します.まずはフィキシングボルト(写真内,指で摘まれている部品)を8mmアーレンキーで外すのですが,固着していて自力では無理だったので自転車屋さんに持ち込みました.自転車屋のにーちゃんも苦戦し,最終的にはラスペネでプシューしてました.ラスペネすごい.
 写真を見てわかるように変なグリスがべったりついていました.たぶん防水用です.しかしネジ部には一切何もついていないので固着するのも頷けます.

 フィキシングボルトが外れたらクランク抜き工具でクランクを落とします.落としたものがこちら.きったないですね.

 両側のクランクを落としたらBBをロックしているリングをカートリッジBB工具で外します.ユルッユルになってました.外したBBがこちらなのですが,きったないですね.

 あとは逆順で作業していけばOKです.新しいBBを入れ,ロックリング(?)を締め,クランクをはめてフィキシングボルトで固定しておしまいです.今度は固着しないようにボルト類には軽くグリスを塗っておきました.
 今回は軸長が微妙に変わっているのでFディレイラーを調整して作業終了です.これで異音ともさようなら……!

 というわけにはいきませんでした.漕ぎ味こそなめらかになりましたが異音が消えません.どうやらペダルが原因のようですね……